こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自転車 ( 23 ) タグの人気記事

ジロ・デ・イタリア第9ステージ

10月27日午後10時すぎ帰宅。例によって自転車ロードレースの録画を観ながら晩飯。今日はジロ・デ・イタリアの第9ステージ。これまで2日かけてイタリア半島をアドリア海がわから山をこえてローマ近郊まで横断してきた。今回は海岸沿いを北上する平坦なコース。海辺の、たぶん松のたぐいだろうの林の中の、一直線の道路を北上してゆく。ローマの松という名曲があるがあの林のことだろうか。海辺には凧もあがっていた。

むろんこんな夜遅くにゴールまで観ていたら明日の仕事に差し支えるから、飯が終わって風呂に入るまでのしばらくの間の観戦である。半分以上はイタリア観光のつもりで観ているから、選手諸君には申し訳ないが勝負はあんまり関知しない。イタリアのテレビ局もそのつもりなのか、沿線の観客の中にきれいな女の人とかかわいい子どもとかいたらしっかりそっちを映す。女の人はこんなきれいな私のほうにカメラが向いてるのは当然よねという表情で悠然としている。子どももまだ三輪車がやっとの年齢のくせに選手とおそろいのサングラスなんかかけている。なんかイタリアってすてきな国だねと思う。果ては海辺のフラミンゴの群れを中継ヘリコプターが追いかけたりする。動物番組かよと思う。まあ動物好きだからいいけど。フラミンゴが群れで一斉に飛び立つのは、残念なことに、男たちが一斉に自転車で駆けているのより何倍も美しかった。

私が観ている段階では集団から二人が逃げていた。逃げる二人はひんぱんに先頭交代をする。そうやって交代で風よけをするのが紳士協定らしいが、あんまりひんぱんだから単に嫌がりあってるだけのようにも見える。本で読んだときはもう少し長い距離を走ってから交代するものだと思っていた。実際に観るといろいろと勉強になる。なってどうするという突っ込みはなしで。
[PR]
by yamakaw | 2008-10-28 22:41 | 日記

自転車がこない

昨日、当直が明けて休日午前中の回診とか外来とかすませて、thunderbirdを立ち上げてみたら大学から来月分の応援シフト表が届いていた。大学でも苦心惨憺していただいているのがよく分る。心中合掌しつつ来月分の当院小児科シフト表を組む。やはり来月も休日は確保できなかった。すべての週末が当直と自宅待機で埋まる。それを回避するのは無理だった。数学的な解がない。

当直明けにこんなもん作ってなお疲れたわと、ひとりごちながら帰宅。眠くはあるが気が立っていてすぐには寝付けず、録画してあったジロ・デ・イタリアを観た。眠くて第6ステージだったか第7ステージだったか聞き損ねた。山頂ゴールだとか言ってた。やっぱりイタリアは風光明媚だわと思って眺めていた。この程度の田舎なら日本だと道路脇に民家とか電柱とか自動販売機とかないか?と思ったがそこはイタリアの事情があるのだろう。けっこう海辺から山のおくまで登っていくコースで、日本なら名古屋から走り始めて松本ってくらいじゃないかと思った(素人の感想なので割り引いてください)。その200kmからのステージを走り抜いてきてゴール間際でパンクした選手がいて気の毒だった。チェーンが切れてついでに我慢もぶち切れて自転車を道路から放り投げていた選手もいたが、あれはこのステージだったか以前のステージのハイライトシーンだったか、眠くてもうろうとしている。担いで二本足で走ってゴールっていうのはルール違反なのかな。足の裏になにやら金具がついてると聞くからままならないか。

ESCAPEは注文したはいいがなかなか届かない。買物がてら妻がサイクルベースあさひ高野店に寄って聞いてみてくれたが、10月下旬の予定が遅れて11月中旬になるんだそうだ。ESCAPEのR3ってそんな稀覯な機種なのかと思ったが、なんか世界経済が大変なことになっているらしいしその影響かもしれない。いまさらこんな昔の為替レートで決済できるかよとかなんとか。どうせそんなに遅れるんならもうちょっと凝った店で凝った自転車を買えばよかった。そんなところまで足を伸ばすほどの時間が取れないからこそ自転車を買うことにしたのだったということも忘れて、そんな後悔もちょっとしてみた。まあ、ふだん患者さんをさんざん待たせている因果が巡ってきたんだねと、しおらしく待つことにする。

でもドロップハンドルの自転車でもよかったような気がする。店頭で見て、これは初心者には乗れんわと思って敬遠したのだが、ようするにあの下向きに曲っている部分だけがハンドルなんじゃなくて、ハンドルにブレーキの握りを止めているあの角みたいな出っ張りまで含めて握りとして設計してあるんだな、と、一流の選手のお手本をみて学んだ。あれなら握れるかもしれんな。むろん一流の人はじつに簡単そうに仕事をこなすものだから、見学すれば簡単そうに見えることも同じようにやろうとするとたいへん難しいものではあるのだろう。連日200kmちかいコースを4時間とか5時間とかで走り抜くことさえ、ずいぶん簡単に見えるくらいだし。
[PR]
by yamakaw | 2008-10-27 22:07 | 日記

自転車を待っている

発注した自転車が到着するのをじっと待っている。

夏の終わりに急に自転車がほしくなった。たぶんそれは北大路ビブレのL.L.BeanでSchwinn社のマウンテンバイクが3万8千円で売ってあったのを見てしまったせいだと思う。なんで自転車ごときにそんな目を奪われるかねと自分で不思議になるくらいに、ショーウインドウのガラス越しにぐりぐりと店に引きずり込まれてしまった。その日はたまたまあの近所の病院にBLSの講習を受けに行って、久々に成人モデル人形相手に心肺蘇生実習を一日やって「身体を動かすのもいいもんだなあ」みたいな爽快な汗をかいていた影響もあると思うけど。その場で購入して乗って帰ろうかと思ったわけだが幸か不幸か持ち合わせがなく、それにだいたいそういう衝動買いで失敗するのがこれまでの常ではあったし、そのときはSchwinnがそんな一流メーカーだったなんて知らなかったということもあって・・・まあそりゃあL.L.Beanがそんな変なメーカーの自転車を自分の店舗で売ることはないでしょうよとは思ったんだけれどもね。まあ、買わずに帰ってきた。

でも何だか自転車って良いよねと思った。今の生活は月9回(ちょっと増えた)の当直とほぼ同じ回数の自宅待機。月の3分の2あまりは病院とその町内にある自宅に縛られた生活をしているわけだが、しかも当直でも自宅待機でもない日はたいがい当直あけだから自分の体力では寝ているしかない日であるわけだが。このまま定年か過労死かでリタイヤするまでこんな軟禁生活を続けるのかなあと思うとなんだか切ない気分ではあった。ネットで世界のあちこちを見た気分になるのもいい加減飽きたし。しかしそういう自分の体力でも病院までの坂道を漕ぎあがれるような軽い自転車があればせめて町外へ出るくらいはもうすこし自由にできるんじゃないかと思ったら、がぜん自転車というのが光り輝く選択肢に感じられてきた。ちなみにママチャリという種類の自転車は持ってはいたが、私の体力では漕いであがるのは無理。いつのまにやらガレージで錆びてた。

私の行動パターンとしては何にはまるにもまずは参考文献を集めるというもので、あれこれと自転車の資料を読んでの結果として、奮発して重量の軽いスポーツバイクを買うしかないと思った。10kg内外のクロスバイクなら俺の足でも病院直行が可能なんじゃないか、とか。あるいはそれでも病院までの坂をのぼれないようなら、のぼれるくらいに鍛えておかないとリタイヤが定年ではなくて本当に過労死になるよとか。で、サイクルベースあさひ高野店に錆びたママチャリの始末がてら出向いて、GIANT社のESCAPE R3というのが目にとまった。姿かたちはともかくも命名がよい。私の目的を体現したような名前じゃないか。ESCAPE。エスケープ。でも店に置いてあったESCAPEはサイズが小さかった。試しに乗せてもらったら膝がハンドルに引っかかるような気がする。もう一つ大きいサイズをといったら、ちょうど端境期ですから2009年版が入るまで待って下さいという。いつになると聞いたら10月下旬だそうだ。まあいいかちょうど誕生日もそれくらいだしということで、じっと待っている。待つ間にいろいろと自転車の本を買って読むから待つのも費用がかかる。本代をあわせたらR2が買えたんじゃないかとも思うけど。その点は我ながらちょっと愚かかも。
[PR]
by yamakaw | 2008-10-16 18:40 | 日記