こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

地球温暖化とファイナルファンタジーⅩ

地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す
ビョルン・ロンボルグ / / ソフトバンククリエイティブ
ISBN : 4797347236


ビョルン・ロンボルグ氏によれば今の温暖化対策としての温室効果ガス削減では、温暖化を防止できるわけではないという。せいぜい温暖化を5~6年先送りする程度の効果であると。

たったそれだけの効果のために、とくに排出権取引みたいな得体の知れないことに巨額の金をつぎ込むのはどうなのかと氏は問う。それよりもいま現在の貧困対策にお金を使ったらどうなのか、同じ額のお金をHIV対策とかマラリア対策とかにつぎ込んだほうが、救える人命はよほど多いという。国同士で約束するとしたら、GDPの何パーセントを温室効果ガスを出さないエネルギーの開発に使いますとかいった内容のほうがいいんじゃないかとも言う。彼の目指すところは、温暖化そのものの防止より(そりゃまあ防止できたらそれに越したことはないんだが)、温暖化してもやっていけるようなタフな態勢の構築のようだ。

たった5~6年というのはなんだかファイナルファンタジーXの「ナギ節」を彷彿とさせる。ゴアのナギ節とかフクダのナギ節とか呼んで欲しい人もいるんだろうかと思う。人類の罪あるいは排出する温室効果ガスのために「シン」あるいは地球温暖化という怪物が世界を脅かすようになり、世界を支配するエボン寺院は機械を使うのが人間の罪であるといい、その罪のためにシンが生まれ人が集まって繁栄する場所を襲ってくるようになったと説く。ちょうど人類が排出した温室効果ガスのために生まれたシンあるいはハリケーン・カトリーナが、海から襲ってくるように。

思想もまた厳しく統一されている。世界はシンに対する恐怖で凝り固まっているので思想といってもシン対策のバリエーションに過ぎないのだが、エボン寺院が唯一認めるのは「究極召喚」によるシン打倒のみ。他の方法を提唱したりしたら異端として厳しく糾弾される。ロンボルグ氏も科学界で袋叩きも同然の目にあっている。しかし究極召喚によりシンを倒し、シンの来襲を恐れないで済むナギ節と呼ばれる期間が訪れたとしても、やがてシンは復活し、ナギ節(過去1000年のあいだに4回かあったらしいが)は終わりを告げる。そういうものらしい。究極召喚の核心を握る登場人物によれば「人の罪が消えることなどありますか?」ということで人間は永遠にシンに苦しめられる運命らしいが、IPCCのコアなところには「温室効果ガスが消えることなどありますか?」とか曰う人もあるのかも知れない。

ゲームの主人公であるユウナたちは、究極召喚ではなく、自分たちの技を地道に鍛えてシンに挑み、ついに打倒し、永遠に続くナギ節をもたらす。そういう夢物語みたいな解決は地球温暖化については誰も提示できないけれど、でもロンボルグ氏の説くところのほうがユウナたちの路線に近いものがある。得体の知れない効いてる期間も短いものに、その派手さに判断停止して有り金ぜんぶ賭けるようなことはせず、地道に実効性のある対策を重ねていこうよという提唱である。ただ彼の説くところはファイナルファンタジーⅩ世界で言うならシンに襲われても平気な世界ということになるから、一部の人には受け入れがたいのも当然かと思う。でもなあ、海からシンが襲ってくるのになんでポルト・キーリカは海辺に木造建築の村を作ってるんだよとか(あれじゃあシンのまえに台風で潰れるぜ)という突っ込みは私もしたしなあ。ハリケーン・カトリーナなんてルイジアナ州上陸時には5段階中の3段目くらいのレベルなんだし、それで犠牲者が多く出たのは貧困層を川の氾濫原に住まわせて治水対策も怠ってたからだろという反省はあってもいいと思う。


個人的にはリュックのほうがすき。
[PR]
by yamakaw | 2008-07-18 21:31 | 読書

攻殻機動隊2nd.GIG

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG DVD-BOX (初回限定生産)
/ バンダイビジュアル
スコア選択:

いやDVDボックスを買った訳じゃなくて、ケーブルテレビで録画してたのをぼちぼちと見終えたんですがね。なんだかなあ、という感想です。

以下ネタバレです。というかネタ知らないと読んでも意味ないと思いますけど、あえて今さら本編を観るほどの手間もいらないと思いますので・・・ならこの記事にはどういう意味があるんだろう。

草薙素子のようなしっかりした女性が、敵将のクゼが昔の男かもしれんくらいの理由で作戦中に上の空になったり職場放棄したりするものだろうか。大召喚士のユウナ様でももうちょっとしっかりしていたんじゃないいか。ユウナ様に関しては19歳の女の子が消えた(文字通り消えたんだけど)男を2年間も思い続けてるものなんだろうかという議論があったよね。素子さんならどうなんだろう。

優れたハッカーであるはずなのに、クゼの正体については何も具体的な調査をせず爪を噛んで物思いにふけるだけってのは何なんだろう。クゼは素子同様に成長につれて義体を更新しているのだから、その経過は病院の記録なり義体メーカーの記録なりで追跡できるのではないかと思うのだが。素子さんにすら追えないほど痕跡を消すことができてたらそれだけで大したものなのではないか。

さらにはその昔の男に言いくるめられて不確かな作戦に手を貸したりまでするものだろうか。そもそもゴーストはコピーできないってのは攻殻機動隊の世界観でもごく基本的な要素のはずなのに(それを言っちゃうと原作の「人形つかい」と素子が融合するってのもおかしな話になっちゃうか)。

世界観といえば、「米帝」が覇権主義を強めるが経済的には没落していたりとか、どう見ても朝鮮半島な国家が崩壊して難民が大量に発生していたりとか、そのくせ日本は東京周辺が核攻撃をうけてほとんど水没しているのに経済的にはおおいに繁栄していたりとか。いろいろと制作者の願望みたいなものが透けて見えるようで気味が悪かった。制作陣は世の中に対して卑屈なルサンチマンを抱いてやしないだろうか。

原作にはない素子のツンデレぶりもアニメ制作者の願望なんだろうかね。素子みたいなしっかりした美人がじっと自分のことを思っててくれたらなあみたいな。そしていざ自分に遭ったら職務も忘れるくらいにめろめろになってくれたらなあみたいな。こんな絵に描いたような(アニメだから絵に描いてるには違いないけどね)月並みな脚色を見せつけられると、お前らもてないアニメオタクもこういう願望持ってるだろうみたいな勘ぐりをされているようで、どうも嫌だね。いや、持ってないとは言わないけどね、勘ぐられるのは嫌だ。

タチコマの運用について。重要なシステムはバックアップをとっておく、というのはノヴァ教授(@銃夢)も教えるところの教訓なのだが、タチコマのAIをまとめて一個の人工衛星に積んであるってのはシステム管理としてどうなんだろうかね。太陽にフレアでもあったらどうするんだろう。衛星にデブリでも当ったらどうするんだろう。たった1個の衛星に依存するってのはシステム的な堅牢さに欠けるような気がするのだが。地上にサーバーを置いて衛星にバックアップを積むくらいが間尺に合う方針かと思うが。

そもそもたった1個の衛星で運用していては、衛星が食に入ったらタチコマが動作を止めるのではないか。衛星にこだわるなら複数の衛星に並列して積み込んで、衛星のうち一個は地球のこっち側にいるように調整するのが本来かと。たった1個の衛星での運用にこだわるなら、食に入らぬよう静止衛星に積むことになるんだろうけれど、静止軌道にあるAIでは地上との通信にかかる時間が無視できないんじゃないかと。通常の平和的な機器ならまだしもタチコマは戦車なんだよね。

合田が自分は内乱罪だけど自首したから罪に問われないとかなんとか言ってるけど、内乱罪は暴動に至らないうちに自首してこそ罪が免じられるんだよね。あそこまでやっておいて今さら自首したもなにもあるまいに。だいたい彼のやったことは内乱じゃなくて外患誘致じゃないかい?外患誘致罪は有罪なら死刑しかありませんし自白したからって「それが何?」な重大犯罪ですが。合田には内乱罪にこだわらなくても余罪は殺人教唆とか特別公務員何とかとか爆発物何とかとか数知れずあるし。叩けば幾らでもホコリは出ようものを。トグサはともかく荒巻さんまでが合田のこんなでまかせにひるんだりして今後の9課は大丈夫なのか?
[PR]
by yamakaw | 2008-07-15 22:59

母乳育児と朝日新聞

朝日新聞に母乳育児に関して世間の誤解を助長しかねない特集記事が載せられた由で、日本ラクテーション・コンサルタント協会が緊急声明を出している(参照:PDFです)。ちなみに朝日新聞の記事は朝日のウエブサイトで検索をかけても見つからなかった。いちおう読んだ記憶はあるのだが、私自身の印象としては、わりと文献なんか調べてまめに取材もして、方向性は間違ってるけど態度としてはまじめに書いた記事だと思った。記事の原文をご参照いただけないのが残念である。ラクテーション・コンサルタント協会の声明から内容をご推察願いたいと申したらルール違反だろうか。

私見であるが、やっぱり母乳哺育とかカンガルーケアとかは、じっさいにやっているところを見て意外とうまくいくもんだねという実感を持ってるかどうかで、認識が極端に異なるんじゃないかと思った。

それは例えば飛行機のようなもので、たとえば19世紀の人にジェット旅客機の設計図を見せても、それが空を飛べるのだと信じる人はかなり少ないんじゃないかと思う。朝日新聞の記者さんも、たぶん母乳育児の上手くいっているところを見たことがなかったんじゃないかと、私は推測している。巨大な金属塊が飛行できるなんて信じられないと19世紀の人が仰るのと同じ水準で、母乳だけで上手くいくということが信じられないんじゃないかと思う。

でも19世紀の人が飛行機を信じられないからといって、彼らを未開だと見下すのは間違いだ。彼らがこんなもの飛ぶはずがないと言ったとしても、ある意味でそれは正しいことだからだ。19世紀の人がジェット旅客機の設計図を見せられたところで、やっぱり19世紀にはジェット旅客機は作れないし飛ばせないのである。飛行機にはじゅうぶん強くて軽量な金属材料が必要だし、それを精密に加工する技術も必要だ。機械技術のみならず、真っ平らな滑走路が引ける建設技術とか、計器飛行のための通信技術とか電子技術とか、色々とインフラが必要だろう。それのない19世紀に、ジェット旅客機だけが単独で実現することはあり得ない。

精密加工といえば20世紀に入ってからでさえ、零戦のエンジンのボールベアリングは今のパチンコ玉ほどにも正確な球形ではなかったというし。

19世紀という時代が飛行機を信じられない環境であるのと同様のレベルで、朝日新聞社というのは母乳育児を信じられない環境であるのだろうなと、今回の記事を読んで思う。朝日新聞社というのは記者さんがご自身で母乳育児ができるような職場じゃないんだろうな。出産後の職場復帰が困難だったり、仕事中の搾乳とかできなかったり。母乳にこだわってると出世できなかったり。推測だけど。

環境に負けず独立不羈で母乳育児を完遂したとしても、自分の子だけ見てただけでは認識を変えるには不十分かも知れない。子育て中の社員同士で母乳育児について語り合ったり助け合ったり、社外の子育て中の親御さんと交流があったりとかいった、豊かな人間どうしのつながりのなかで、多くのこどもたちが母乳で育っていくのに接していると、なお、いろいろな認識が深まっていくのではないかと思うのだが。それは母乳に限らず、いろいろな世の中の叡智についても。

そうしてしっかり子育てをした社員がその後も不利益なく(いやむしろその過程で得た知恵ゆえに)出世する人事システムとか、そういう懐の深さを朝日新聞社がどれほど備えているのか。母乳育児を問うた記事で、問われるのは朝日新聞社自体であるように思える。
[PR]
by yamakaw | 2008-07-04 23:32 | 新生児