こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

聾学校で気管切開に関する講義をしてきた

NICUの退院以来外来で診察している子が聾学校の幼児部に通うことになった。気管切開している子は久々であるからと、招かれて気管切開に関する講義らしきものをしてきた。人手不足でこういう用事は当直あけの週休を使わざるを得ないし、前日から私自身がひどい喘息発作を起こしていたりして、いろいろコンディションは悪かったのだが。

質疑応答では日常生活の具体的な場面についていろいろ質問があり、かえって私のほうが勉強になる感があった。砂遊びで砂を吸い込んだらどうしようとか、プールはどうかとか。なるほど幼児の生活にはそのような場面もあるのだなと改めて思いおこした。自分の母親が幼稚園の先生だったのだから母の仕事を思い起こせば多少は想像もついたろうにと反省した。無認可幼稚園の教諭の給料をほとんどつぎ込む形で医者にしてもらった小児科医なのに恩知らずなことだ。

何にせよ、入園の時点で通園先を訪問できて先生方とも話せて、有意義なことではあった。今後の診療の参考になる上に望外の講演料まで頂いてしまった。新生児医療や救急なんぞやっている身では、京都府がお金をくれるなんて珍しいこともあるものだと皮肉の一つも言いたいところではあったが。

気管切開に関するよりもむしろ嚥下に関する質問が多かった。考えてみれば聾学校なんだからSpeech therapistがいらっしゃって当然なのだな。あんまり気にしてませんでしたと白状すればよかったのかな。その方面に疎いのは見え見えだったろうし。てひどい誤嚥性肺炎を生じなければ楽しい食事を優先という今までの方針は決して間違ってはいないと思うのだけれど、あんまり一度にほおばりすぎてむせていますと言われては返す言葉がなかった。今後はもうすこしお行儀良く食べるという指導も必要そうだ。

京都府立聾学校は御室仁和寺の北側に隣接している。「徒然草ゆかりの仁和寺」と観光看板に対処してあったが、たしか徒然草には仁和寺の僧侶の知的水準についてあまり誉めたコメントがされてないと高校で習ったように記憶している。看板は物事にこだわらない仏教的な徳の表れなのか、ただの自虐ネタなのか、よく分らなかった。

遠いと思っていたが左京区からだと市バスで乗り換え1回ですむ。59系統は御室を出た後は竜安寺・金閣寺や立命館・同志社・京都ライトハウス前など京都市北部の名所旧跡と主立った障害者施設や有名大学を一連回っているようだ。私が降りた後は府立医科大学のほうへ去っていった。
[PR]
by yamakaw | 2008-04-22 18:48 | 日記

マイクロソフトでは出会えなかった天職

マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった
ジョン ウッド / / ランダムハウス講談社
ISBN : 4270002484

著者の業績をけっして貶める意図ではないが、おそらく、この凄い人も、ただ単に休暇で訪れたさきの貧しさ悲惨さだけでは動かなかったと思う。心を痛めつつマイクロソフトの仕事に復帰して、そのまま北京でのマイクロソフトの販路拡大に奔走し続けたことだろう。彼を動かしたのは、貧困ではなくて、その貧しい中にあって飢えたように学んでいるこどもたちの熱意やぎらぎらした欲求の貢献がかなり大きいんだろうなと思った。

当直室で本書を読みつつ娘のことを考えたのだが。こうやって知識欲に目を輝かせながらネパールの山奥で英語の本を読みこんで育ってきた面々と、これからの人生で出会っていくことになるんだろうなと。彼らに太刀打ちできるほどの、そういうぎらぎらした生命力を彼女も備えているかどうか、ちょっと心配にはなっている。

些事ながら、著者は中国におけるビル・ゲイツ氏の不適切なふるまいにほとほと幻滅した様子で、それもまた著者がマイクロソフトを辞める遠因となっている。どうしてあれほどの大企業が、トップに据えた自閉症者にジョブコーチの一人もつけられなかったのか不思議でならない。
[PR]
by yamakaw | 2008-04-09 21:34 | 読書

地頭力だそうだ

企業の採用試験において「地頭力」が重視されはじめていると、NHKの「クローズアップ現代」4月3日放送で報じられた。地頭力についてはNHKに先だってbogusnewsに詳細に報じられていたので興味はあったのだが、現実はbogusnewsよりもばかばかしいものだと感じられた。

「5大陸の中でどれか一つを消さなければならないとしたらどれを消しますか、その理由は何ですか」とか、「富士山を移動させるにはどうしますか:トラックとパワーショベルを使う前提で」とかいう、明らかに正解がない設問に答えられるのが、企業の求める「地頭力」なんだそうだ。ちなみに1問目はさすがに政治的影響を考慮してか解答例は示されずスルーされたが、2問目の答えはトラックの積載量から算出して300億回走らせるというものだった。はあ。

さきのグーグルの採用試験の問題ならともかくも、この例題のナンセンスさは何だと呆れた。大陸を消すって、大きめの火山が一発噴火しただけで気象は地球規模で変動するのに、一大陸を消して他が無事に残るわけがあるまい。最初に消えるか余波を喰らって滅ぶかの二者択一なのに、どれを消しますかもあるまい。「日本沈没」を第二部まで読むとよい。富士山を動かすって、あれは活火山である。山塊そっくり平地になるまで削っても後から後から吹き出てくるに決まっている。現在の山を構成する岩や土砂を他所に盛り上げたところで、現在地に新しく火山が盛り上がってきたら、その後に富士山と呼ばれるのは、たいがい現在地に新しくできた山のほうだろう。

「泣く子と地頭には勝てぬ」とは、昔の人はよく言ったものだと思う。大陸を消すとか富士山を動かすとか、まさに泣く子か地頭的な無理筋の発想である。こんな浅薄な設問で測定できるのは求職者の教養や思考力の深さではあるまい。求職者についてはどれくらい無根拠な法螺を平気で吹けるかであり、募集側についてはどれくらい無理筋な要求を他に課す企業であるかということだろう。NHKの特集でも、糸井重里氏の「企業も必死ですね」というコメントが秀逸であった。

私も職業柄、地頭はともかく泣く子の相手はずいぶんしてきたつもりだが、対戦相手としてはかなり手強い。地頭を採用するのに失敗した企業は、つぎはうちのNICUの泣く子たちに給料をくれることを考えてもいいのではないかと思う。大陸を消すならどれとか富士山を移動させるにはとかいう問答で採用されたような面々くらいには世の中の役に立つだろう。

とは言いながら私も答えを考えてみたのだが。1問目、大陸の中で消すならやっぱりオーストラリアでしょう。今後は島と呼ぶことにすれば大陸がひとつ消えます。2問目、山頂の一番高いところを削ります。削った土は噴火口を半周したくらいの場所に盛り上げればなお宜しいでしょう。山頂の位置が動けば地図上では山が動いたことになるのではないでしょうか。しょせん地頭でも泣く子でもない私にはこれくらいしか思いつかないが。こんなんで企業に採用されてもオフィスでは椅子ではなく座布団を重ねた上に座らされて仕事することになるかもしれんね。成績に応じて座布団が増えたり減ったりして。
[PR]
by yamakaw | 2008-04-06 12:16 | 日記

考えない勇気、なのだそうだ

ふだん愛読している「児童小銃」を経由して、ココロ社さんの「考えない勇気」を持てば、頭がスッキリ!というエントリーを拝読した。その奇妙な明朗さも手伝って、全体主義国家の中央党が「その他おおぜい」的な位置づけの青年党員を対象に発行する機関誌の巻頭論文にはちょうどよい内容だと思った。いらんことを考えず党の指導に従って国家建設に邁進しよう、首領様の偉大さは君の意見ごときでは微塵も揺るがないんだから(でも、もちろん、首領様を疑うなんてことはないよね)、というような。

まじめな話、水伝や血液型性格診断のようなつまらないことを考えないことにするというのがどうして勇気の問題になるのか、さっぱりわからない。考え続けるほうがよほど骨折りではないだろうか。その労力を維持するのは勇気というより根気の問題だろう。

そういう、考えるに値しないことをあえて考える労力を維持している理由とは、考えるに値することを考えずに済ますための自分や他者に対する言い訳なのではないか。

だから、もしここで勇気を話題に持ち出す余地があるとすれば、それは、「そういう詰まらないことを考えることによって、直視するのが辛いことから逃避していないか」ということを考える勇気じゃないかと思うがどうだろうか。真の勇気とは、たとえば水伝を考えない勇気ではなく、「水伝のごとき疑似科学を持ち出さないと自分の言葉は生徒に対する十分な説得力を持ち得ていないのではないか」という恐ろしい観点から逃げずに考える勇気ではないのか。

格差の問題もまた、考えても這い上がれないのならと考えず自らの境遇に甘んじるのが勇気ではなかろう。ひょっとして自分の能力やらキャリア形成の戦略やらに見直すべき点がないのかと考えるのが勇気であろう。あるいは自分はもうどうしたってこの構造から逃れようがないとしか考えられなくとも、その構造のなかでいかに生き抜くかを考えるのが勇気であろう。そういう事を私やなんかの他人が言うのはポリティカル・コレクトネスに欠ける行為であるが、そして私は個人的にはそういう個人的資質をあげつらって社会的対策をおろそかにしようとする動きには批判的であったつもりだが、しかし本人が自分をそういう目で見直すこと自体は勇気あることだと思うのだ。その勇気を他者から強制するのはやはり間違ったことだとは思うけど、もしこういう案件に「勇気」という概念が介在する余地があるとすればそういうことではないかと、私は思う。
[PR]
by yamakaw | 2008-04-05 17:30 | 日記

万年筆が欲しくなる本2 読者を「あんた」よばわり

万年筆が欲しくなる本 2 (2008年版)―あんたの万年筆がきっと見つかる… (2) (ワールド・ムック 714)
/ ワールドフォトプレス
ISBN : 484652714X

発売されたと聞いてアマゾンを検索して驚いた。「あんたの」というワイルドなつかみ文句がじつに斬新だ。顧客を「あんた」呼ばわりして客商売が成り立つ人ってゴルゴ13くらいしか知らない。この会社は大丈夫なんだろうかと思った。

画像を拡大してみると表紙には「あなたの」となっているからアマゾンのミスなんだろうけれども。こういうときアマゾンは発行元に対してどういう対応をするんだろうか。

万年筆が欲しくなる本―あなたの万年筆がきっと見つかる… (ワールド・ムック―HEART LINE BOOK (635))
/ ワールドフォトプレス
ISBN : 4846526356
スコア選択: ※※※※

じつは1冊目ならもっている。書斎に転がしておいたら、娘が目をまるくして眺めていた。要は価格帯ごとに主要各社の万年筆を写真入りで紹介してある書物なのだが、中の「ラブレターを書くために使いたい万年筆」と称する一節で、価格が10万円前後の万年筆をならべて紹介してあった。ラブレターを書くための筆記用具に10万円もつっこむようなバカな男にひっかかるんじゃないよと娘には注意しておいた。たぶんそいつはひどく自己愛の強い人間だからいろいろ苦労するよと。その万年筆をプレゼントにくれるならまだしも。
[PR]
by yamakaw | 2008-04-03 19:19 | 読書