こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

ゴルゴ13の過去はのび太だった説

ゴルゴ13は過去を隠す。その理由として
テロリストだから当然だというのはあまりに凡庸な回答。

本当の理由は、ゴルゴ13の正体は成人したのび太であるからだ。





根拠

二人とも常識を外れた射撃の天才である。ゴルゴが射撃の天才であるのは論を待たないが、のび太もドラえもんが持ってきた22世紀の射撃ゲームで世界新記録を出すほどの腕前である。彼の才能は特にピストルの早撃ちに現れている。実戦でも、タイムマシンで19世紀の米国西部に現れて町にはびこる無法者を退治し、謎のガンマンとして歴史に名を残し(残してねえか)ている。

ライフルを用いた長距離の狙撃は寡聞にして私の読んだ範囲には登場しないが、ドラえもんが出した戦闘機ゲームでは初めて操縦する戦闘機を見事に乗りこなし敵機を連続して撃墜するほどの応用力を示す彼のこと、そういうシーンさえあれば長距離狙撃も見事にこなしたに違いない。

のび太の視力が問題となるが、近視が治ったというのは成人したのび太がはっきり語っている。

手先の器用さも特筆すべきであろう。のび太は天才的にあやとりが上手い。ドラえもんの道具「もしもボックス」で世界中にあやとりを大流行させた折りには、「プロあや」のスカウターが大金を持ってスカウトに来た位である(確か1億円だった)。かたやゴルゴの場合、彼は手を負傷して整形外科のhand surgeryの専門医を受診したことがある。そのとき、ゴルゴは逆にその専門医の手を見せろと要求し、医師の手をいじるのだが、専門医はそのゴルゴの手つきに異常なほど驚嘆している。何を驚嘆したのかは具体的には描かれていないが(医師は目を見開いて「この男の手は・・・」とうわごとのように繰り返すのみ)、その驚きようは、あれ以上に驚かそうとしたら腕にサイコガンでも仕込んでいないと無理なほどであった。

続く
[PR]
by yamakaw | 2004-08-28 17:11 | ナンセンス