こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

当直中

平穏。

ほんとは忙しかったはずなんだけどな。ちょっと寂しい。
亡くなった子の退院レポートを書いて一区切り。
発達外来で参照するってこともなし、簡潔に。
入院カルテが一過性多呼吸の4日間入院の子のカルテ並みに薄い。
やっぱ超未熟児のカルテは重量が本人の体重を超えてなんぼだね。

ライフログに挙げてある「赤ちゃんの死を前にして」をこういうときは読む。
俺ってお定まりで分かりやすい医者だなと少し自嘲する。
この本は、凄い語弊のある言い方をすれば、「赤ちゃんの死の取り扱いマニュアル」である。
赤ちゃんの死に対応するマニュアルがある時代。

良い時代だ。皮肉じゃないよ。

そりゃマニュアルに縛られてちゃ一流選手にはなれないさ。でもマニュアル読んでなきゃボール投げてくるのが一塁手だか投手だかってのも分からない。撃ったら1塁方向へ走るのかバックネットをよじ登るのかの区別もたぶんわからない。撃つ前から、そもそもバッターボックスが識別できるかどうかも分からない。バット持って構えたら、君そこは3塁コーチボックスだよなんて言われたりして。あるいは、君それは卓球のラケットだよって言われたりして。その場で言ってくれる誰かが居たらまだ良い。あれー何か変だなーなんてとぼけた事を言っているうちに試合が終わって自分1人間抜け扱いになっているってのは願い下げだ。思い切りバットを強振したらそこは観客席で、お客さんの頭蓋骨陥没の責任を負う羽目になるなんてアホなことになったらなお厭だ。

このマニュアルについて論じれば、必読書である。一読後に、今までこれを読まないままNICUに居たのかと背筋が寒くなるほどの書物である。値段に0が一つ増えてても黙って買って読め。0二つ増えてたら黙ってなくてもよいから、それでも読め。そういう書物。

分野が分野だけに、これはエビデンス云々というよりも物語医療の範疇に入る書物である。物語医療には、いつ覆されるか分からん危うさは常に付きまとう。「母性本能」という語がいまどういう扱われかたをしているか考えてみると良い。でも現時点ではこの書物は必読。あとでこれを否定するにせよ肯定するにせよ、この分野にはこれしかないのだから、読まないと始まらない。スタートラインの本である。
[PR]
by yamakaw | 2004-08-24 22:16 | 読書