こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

画像の猫は

新入りです。よろしくです。にゃん黒おにいさんに遊んで貰ってます。お兄さん最近キャットフードの食べ過ぎで随分太ってます。ひところの渡辺徹さんみたいです。「太陽にほえろ」みたいに走り込んで貰わなければいけません。僕も頑張ります。

にゃん太郎お兄さんは全然遊んでくれません。ガキはうるさくて仕方ないなあと言いたげな目で僕を見てます。でもつい半年くらい前まではにゃん太郎お兄さんも僕みたいに暴れ回っていたそうです。僕はちゃあんと知ってます。今でも僕が新しい猫じゃらしを買って遊んでいただいてると、猫じゃらしに横から飛びついて来られます。まだ猫じゃらしに我慢できないんなら大人ぶらないで僕と遊んで欲しいと思います。


・・・・

娘が拾ってきた猫。娘の級友が登校途中に拾ったはいいが、やっぱり教室には持ち込めなくて、持てあまして小学校の隣の児童公園に放したらしい。娘が帰宅後にその話を妻にしたら、妻は、それじゃ子猫は死んでしまうよと娘を怒鳴り上げて、その足で娘と拾いに行ったとのこと。

当初は衰弱していて獣医に連れて行ったりとかけっこう散財した。子猫用のフードも最初はなかなか食べられなかったけれど、娘がフードを細かく砕いて与えたりしてなんとか持ち直した。

自宅が猫屋敷になるのもどうかと思うし、にゃん太郎やにゃん黒を引き取った経路であるネット上の里親捜し機構に申請するように妻には言うのだが、拾いに行くのは迅速だった癖に、写真を撮る暇が無いだのPTAが忙しいだのとぜんぜん里子に出す気配がない。娘もすっかりこの子猫をうちに置くつもりになっている。

これに味を占めて次々に捨て猫を拾ってくるようなことにならなければよいがと、それだけが気がかり。

猫は捨てないようにね。もし子猫が生まれても飼えないのなら、去勢なり避妊なりちゃんとするように。その手術代を払うのは飼い主の義務だと思います。子猫を捨てる罪悪感を回避するにはリーズナブルなコストだと思いますけどね。去勢代が払えないから生まれた子供を捨てることにするなんていうような道徳観の持ち主は動物を飼ってはいけません。
[PR]
by yamakaw | 2004-07-23 11:29 | 日記