こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

公式に基本的人権を否定される人がある

アエラで雅子様について読んだ。結構重大なことなんだなと思った。

何が重大って、基本的人権や男女平等の例外とされるような人が日本に住んでおられるということ。それを公認しようとしている「学者」がいるということ。

「皇室は憲法の基本的人権や男女平等の例外。雅子さまのお気持ちを尊重するのはもちろんですが、憲法の人権を認めなければというのは違和感がある。なぜなら皇室は決して憲法によって存在するのではなく、憲法ができる前から伝統として存在するのですから。」こう言うのは、保守派の坂本是丸國學院大教授(神道学)だ。

そんなことを平気で言う奴らに囲まれて暮らしておられる被差別民が日本には存在する。そんなことをいってそれでも教授を名乗っていられる大学があって、憲法が保障する学問の自由を享受している。

だったら伝統として皇室を存続させるがいい。でも、所属する人間には基本的人権を認めないというなら、人間を皇室に所属させてはいけない。人間以外の構成員で皇室を構成するべきだ。マッコウクジラの皇太子殿下は現在北太平洋を回遊中です。

私は、みんなの幸せのために誰か一人が犠牲になることを公認する考え方が大嫌いだ。

伝統を振りかざして憲法を無視するなら皇太子殿下に側室を何十人もつけるといい。お世継ぎには一番の解決策だと思うよ。いずれのおほんときにか女御更衣あまたさぶらひたまひけるのが伝統だろ?坂本先生の価値観にぴったりなんじゃないの?

雅子様は緒方貞子さんの助手として外へ出ていただくのはどうだろう。外交官としてのキャリアを生かして。JICAの理事長として途上国を外遊する緒方さんの後ろには、日本国の皇太子妃が控えている。英国に外遊中の皇太子殿下が「いやあ・・女房はいまウガンダでして。」かっこいいと思う。そんな皇室なら、私は支持したい。
[PR]
by yamakaw | 2004-07-13 21:47 | 日記