こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

海を自由に旅したい

海を自由に旅したい―単独シーカヤッキング(カヌー)日本半周旅漕記
東条 和夫 / / 文芸社
ISBN : 4835571851

一読して後悔している。というか前書きを(数ページにわたって「シーカヤックに出会うまでの著者の自伝」が書いてある)読んだ時点で気持ちが萎えた。買う前によくよくamazonに掲載された本書の表紙を見ておくべきだったと思う。『「夢への挑戦」少年の夢が中年男を海へといざなう』という赤い字の惹句にもうすこし警戒感をもつべきだったと思う。俺が俺がが強すぎる。海やカヤックではなく「カヤックを漕ぐ自分」のことを語りすぎる。語ってはいけないというわけではないが、バランスというものがある。

中国四国九州の海岸線をほとんど周回するような単独長距離シーカヤッキングが、珍しい体験であるのはよろこんで認めよう。月並みさなどかけらもない、実に興味深い体験である。それに惹かれて私も本書を購入したのである。しかし、まだ俺は若いと主張する「中年男」など珍しくも何ともない。自分を少年になぞらえるなど月並みすぎて痛々しい。自虐だと分かってやってるなら芸風かもしれないが。

食材も道具も一流のものを揃えた「男の料理」を、作った本人の自慢話を延々聞かされながら喰わされたような読後感である。食材が良いから不味いとは言わない。しかし料理番組の紹介には「素材の良さを生かした」と評される類の味ではある。プロの料理ではない。

本書は自費出版なのだろうか。まともな編集者は付いてなかったのだろうか。著者が文筆業を専門としていないのは経歴からも明らかだし、素材じゃなくて自分が語りすぎるってのは素人にありがちな陥穽だと思う。それが著者をおとしめる理由には決してならないが(貶める資格が自分にあるとも思えないが)、しかし編集者の職業意識を疑うには足ると思う。
[PR]
by yamakaw | 2007-10-26 21:08 | 読書