こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

自閉症児とリアルロボット

 自閉症児とリアルロボット

 息子が週刊リアルロボットを購読しています。週刊誌(最近は隔週刊)の付録にロボットの部品を小分けにつけてあり、毎週少しずつロボットが出来上がっていくというものです。

 本来は大人の道楽で、小学生には難しいかと思っていたのですが、彼は一回分の作業の説明書を理解するのに3秒と掛かりません。ほとんど本を開くと同時に部品に手をつけていますが、それでも一応は正しい手順で作業が進みます。自閉症児が視覚認知に優れているってのは判りますがね。やっぱり好きの一念がなせる技ですかね。

 ただ、次の部品が届くまでの1~2週間を黙って待てず毎日毎日ドライバーやペンチでいじり回しているからちょくちょく壊れます。まともに走ってるのを見たことがありません。で、ばら売り部品を買ってくれと要求してきます。どの部品が第何号の付録だったかまできれいに把握しているからたいしたものです。

 そこで、ためしに、買って欲しい部品を一覧表にさせました。そして、お手伝い(風呂の掃除とか猫のトイレ掃除とか新聞を取ってくるとか)あるいは宿題をするたびに、各部品の棒グラフを少しずつ書き足していき、満額になったらその部品を買うという方式にしました。

 そしたら息子の素行が随分よくなりました。宿題は喜んでするしお手伝いもするし。やってやらないことはないけれど今ひとつきっかけが無くて取りかかれない、という類の仕事の取りかかりが随分よくなりました。やいやいと口うるさく催促されて挙げ句にべそをかきながらお手伝いというのでは本人も苦痛なはずです。報酬で釣るってのも何か犬やイルカの訓練みたいで変な気分ではありますが、やらないのを叱られて気分悪くお手伝いをするよりは、報酬を楽しみにでも気分よく暮らした方がマシではありましょう。親の喜ぶ顔とか誉め言葉とかが報酬になるほど社会性が発達していたら自閉症とは言わないですな。

 ゆくゆくは十円玉を報酬に使おうか、とも思います。今はお買い物の練習を、その当のリアルロボットを買う時に本屋で行っています。毎週火曜日の小学校が引ける時分に変な小学生が予約済みの雑誌を買いに来るので店の人も判っているらしいです。他の店でも買い物の練習をして、それから自分の小遣い銭を溜めて自分の欲しいものを計画的に買う稽古もして。

いろいろと学んで自立へ向かわねばなりません。いちおう、将来的には障害者枠でであれ就労して自活して貰いたいものだと思っています。月7回8回の当直なんてヤクザな仕事しててこの子の将来を十分見届けられるほど長生きできるわけないですやね。その上、実家の仏壇を眺めてみると、我が家で維新以降還暦を過ぎて生きていたのは父が初めてです。あんまり長生きする血筋じゃなさそうだ。

そもそも、親が子よりも長く生きたいと思うのは重症の障害児を抱えた親が等しく思うことですが(『この子を残しては死ねない』ってことね)そんな悲惨な思いをして頂かないような社会を作るという点に関しては、小児科医の私は職務上の責任も負っています。当たり前に、子供たちに後を託して死にたいものです。
[PR]
by yamakaw | 2004-07-11 12:09 | 日記