こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

バカの壁 養老孟司 新潮社

構造主義の言い古された言説の焼き直しに過ぎないのではないかと思いました。

そう切り捨てるのもバカの壁にさえぎられてこの書物の本質が見えてないと著者は仰るのでしょうか。

口述した内容を新潮社の誰かがまとめ書きして養老先生の裁可を得たっていう本でしょ?
その新潮社の誰かが主著者なのでは?養老先生は監修をしただけでは?
[PR]
by yamakaw | 2004-07-04 22:56 | 読書