こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

市場原理が医療を亡ぼす アメリカの失敗

市場原理が医療を亡ぼす―アメリカの失敗
李 啓充 / / 医学書院
ISBN : 4260127284


本書には、市場原理がアメリカの医療をいかにダメにしたかが、克明に解説されている。株式会社が病院チェーン経営に参入したら何をするか、民間の医療保険会社はコスト削減しか考えず、ベンチャー企業と営利的に結びついた研究者がルールを無視し、その他諸々。

中でも、私にとっていままで全くの盲点であったのが、「負担の逆進性」の問題である。米国では負担が二重に逆進的になっているという。健康保険の自己負担分は、企業内での地位が高くなるほど安くなる。そうやって有能な人材をスカウトするネタにするんだと。重役クラスでは自己負担なしが普通だそうだ。出世するほど収入も増えるのはむこうでも同じなんだろうから、してみれば収入が増えるほどに健康保険の自己負担は減るということになる。

加えて、医療費負担の逆進性というのがある。

財力のない人ほど(無保険の人ほど)、ひとたび病気になった場合に、医師や病院から高い医療費を請求されるのである。というのも、市場原理の下では大口顧客ほど価格交渉力が強いのが当たり前なので、保険会社が医師や病院と交渉して大幅な値引きを迫ることができるのに対し、無保険患者の場合は「誰も交渉してくれる人がいない」ので、「定価」で医療費を請求されるからである。しかも、病院が決める「定価」がリーズナブルなものであればまだましなのだが、医師や病院が、どこかの国の悪徳酒場と変わらないような「法外」な料金をふっかけることが常態となっているから、無保険者にとってはたまったものではない。


なるほどそういうことになるのかと、目を開かれた思いである。どうも寡聞を恥じてばかりいるブログでよろしくないが。

要するに日本の医療に市場原理を導入してビジネスチャンス云々と生臭いことをいっている面々は、そんなことをしたら医療がめちゃくちゃになるなんて全然心配しなくて良いのである。そういう「勝ち組」な彼らは、出来高払いで医療内容に制限なし(とうぜん保険料は馬鹿高い)の金持ち用医療保険に加入する。その保険料は会社が支払うから自己負担はなし。

勝ち組じゃない私たちは医療内容制限付き(あんまり高い医療行為には保険がおりません)の廉価版医療保険に加入する。あるいは、購入できる医療保険がない。廉価版ったって勝ち組な面々とは違って自己負担分を支払わなければならず懐が実際に痛む。無保険だと痛むどころじゃ済まない。しかも、勝ち組の人らの医療保険会社が私らのよりも交渉力がタフだったりしたら、彼らの医療費を値引きした分が、我々の医療費に上乗せ請求されることになるのだ。
[PR]
by yamakaw | 2007-01-29 19:26 | 読書