こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

「ショーシャンクの空に」

今日はセカンドオンコールの番。日当直が忙しくなったときに呼ばれる役回り。とりあえず午前九時から出勤して救急外来と一般病棟回診をする。でも一般病棟は入院1人だけだし外来も閑散としているし、日当直の若手が小一時間でNICUの朝回診を済ませてくれたので救急も任せて帰ってきた。

午後からレンタルDVDで「ショーシャンクの空に」を観た。

気分が鬱々としているときには、逆境で希望を捨てず耐え抜いて逆転する物語が快い。

原作はスティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」です。たしか学生時代に読みました。新潮文庫の「ゴールデンボーイ」に載ってます。春夏秋冬と四季に合わせて中編を四作というシリーズで、2作ずつ2冊になっていて、中にはかの有名な「スタンド・バイ・ミー」もあります。ちなみにホラーではありません。スタンド・バイ・ミーもホラーではなかったでしょ。

キングのストーリーテリングの天才ぶりは本作でももう面目躍如です。出演者たちも、ティム・ロビンズもさることながら、モーガン・フリーマンがまた良かった。「ドライビング・ミス・デイジー」で運転手の役をやった俳優さんです。彼を出演させるために登場人物設定を変えて黒人にしてしまったとのこと。

結末は原作を読んだので知ってるんですけれど、それでも最後まで観てしまいました。けっこう気分が晴れました。映画一本で紛れる程度の落ち込みでがたがた言っては、本格的に鬱で苦しんでおられる方々には申し訳ないような気もしますけど、でも良くできた映画ってのは気分を洗ってくれますね。
[PR]
by yamakaw | 2004-09-26 18:29 | 日記