こどものおいしゃさん日記 うしろすがたのしぐれてゆくか

childdoc.exblog.jp
ブログトップ

Mari先生の回答に

だいぶ立ち直っておられるようで、よかった。

私も壁を蹴ってた時期がありましたからね。
白衣のままで気が付いたら屋上から地上を見下ろしてたこともあったし。

医師免許に関してはMari先生のお察しどおりです。
「温厚な人格」さえあればあとは何にもいりません。凄く悪い意味で。

温厚な人格のみを欠いていたために勤続十数年の病院を追い出された医師もありました。患者さんからは辞めさせるなとの署名運動まで起きたらしいですが実りませんでした。

アドバイス

CPRしてるって報告でもなければコーヒーの一杯も飲んでから救急へお行きなさい。
数分(あるいは十数分)待っても、落ち着いた医者の精度の高い診療を受けた方が患者さんも得ですよ。医者が落ち着いていると患者さんの納得が良くなって無駄な繰り返しが減るから全体の待ち時間も短くなります。「・・・分後に行きます」と告げておけば看護師さんの苛つきも半減します。

コーヒー代は何のかんのと理屈をつけて大勢から徴収なさると良い。
「教授、お茶でも入れましょうか」と言ってみる手もある。
教授が居なければさらによい。

Melitaのコーヒーメーカーが入手できればよいのですが。我が家では近所のワールドコーヒーが店先に放出品を置いていたので妻が買ってきました。生協のまとめ売りのブレンド粉で喫茶店並みの味が飲めます(淹れた後の豆の盛り上がり方は本職並みで惚れ惚れします)。魔法瓶の中に入れていくタイプだから風味も数時間は保てます。
[PR]
by yamakaw | 2004-09-19 22:06 | 日記